ブログBLOG

ほくろ除去

レーザー治療により短時間で除去可能

ほくろは紫外線や外部刺激により、色が濃くなったり大きくなったりするとされています。良性と悪性があり、悪性の場合はがんの可能性もあるため注意しましょう。良性のほくろはレーザー治療で除去することが可能です。悪性の場合、早期の発見であれば最小限の傷痕で摘出することができます。

ほくろの種類

単純黒子

皮膚の浅い部分にできたほくろで、年齢とともに増えたり色が濃くなったりします。大きさは1~2mm程度が多く、色は黒か黒褐色。盛り上がりはありません。

色素性母斑

皮膚の浅い部分にできるものもあれば、真皮に向かって成長するものもあります。母斑細胞が層になり重なってできた色素性母斑は、盛り上がっているのが特徴で、時間とともに大きくなります。